わたしはパンが大好きです。
一番好きなのは、通販で買う緑系のパンでした。
よもぎパンとか、抹茶パン、それからバジルのパンとか。
見た目にも健康そうだし、口の中に広がる緑の風味がお気に入りです。
特に、バジルは一番風味豊かなので、このパンが置いてあるパンの
バイキングのお店は常にチェックしています。勿論通販も。
通販はなかなか見つからないのが現状ですが・・・。
通販もいいのですが名古屋にある、とあるパンバイキングのお見せが、やっぱり一番かなぁ?
店員さんも、若くて明るい感じの人ばかりなので、気持ちよく食事もできます。
内緒の話しですが、某パンバイキングのお店は、
正直言って、良くありませんでした。ちょうど映画を観終わって、
2時前の昼食になったのですが、ああ言った複合施設は、
ランチタイムが長く、常に開いているのが最高。

映画の中で、脇役が通販で頼んでいたおいしそうなパンが出てきたこともあり、
わたしと友人は迷うことなくそのお店に入ったのです。
ところが!!!パンのバイキングがついた、そのランチコース。

メインのパスタが届けられる前に、大好きなパンを取りに行くことにしました。
そこにあったのは・・・。大量のクロワッサンと、チーズのパンが少しだけ。
実は、わたしはその時、クロワッサンというパンが好きではありませんでした。
その理由は後々お話ししますが、好きではないパンを好んでとることはせず、
次の焼き上がりを待つことにしました。友人は、
通販でよくありそうなクロワッサンをひとつだけ取って、座席に帰りました。
入ってくるとき、間違いなくよもぎパンが2つ残っているのを見たのに、
わたしたちが注文している間に、ほかのお客さんが持っていってしまったんだろう。
メインのパスタを持ってきた店員さんに、よもぎのパンがないか聞いてみました。
が、その返答は、「今あるのは、クロワッサンとチーズのパンになります。」
そんなこと、みればわかっるっちゅうの!と、心の中で毒づきながら、にこやかに、

「じゃあ、いいです。」と返答。
それからも、新たなパンが焼き上がることはありませんでした。

メインも食べ終え(わたしは和風のパスタを頼んだのですが、これまた味付けが薄く、
物足りないものでしたが)、パンと一緒に飲むと最高のカフェオレも、

なくなりつつあったので、最後にもう一度店員さんにパンのことを聞いてみました。
それから厨房に戻った店員さんが、再び戻ってきましたが、

その手に持たれたバスケットには、大量のクロワッサンが・・・。
あきれ果てて、わたしはカフェオレを飲み干し、友人とともにそのお店を後にしました。

たぶん、いろんなパンレストランを回ったけれど、

自分にあったパン屋を見つけるのは大変です。


レンタカー 枚方 荷物会社はたくさんありますが、どこの会社を利用しても時間や期日を超過した場合には延長料金を支払うことになります。料金設定は枚方市以外にあるレンタカー業者でも同じことが言えますが、業者によって料金設定が異なりますので契約時に確認しておく必要があります。どこの会社でも超過する場合は事前に連絡を入れることとなっていますので注意が必要です。超過料金の設定は業者ごとに違うのは当然ですが、分かりにくい設定となっている会社もありますので、返却日の予測が付きにくい状況で借りる場合には、料金計算が分かりやすい会社を利用した方が良いのです。延長料金の設定ではベース料金に超過料金を加算するのが一般的ですが、日額料金となっている場合と時間料金となっている場合がありますので、会社によっては延長料金に大きな差が出てきます。返却時間を超過した場合には深夜になることが多くなりますが、24時間営業のレンタカー会社がありますので安心して利用することが可能です。しかし24時間営業のレンタカー会社の場合でも深夜手数料が加算される業者もありますので、やはり契約時にしっかりと確認しておく必要があるのです。枚方市から借りて他県で返却できる乗り捨てシステムが選べる会社もありますが、別途料金が発生することも理解しておく必要があります。

オルゴールは、100年以上も前に作られ、様々なかたちに変化しながら現在のシリンダータイプの形に落ち着きました。人間が音楽を記録、再生したいという思いから開発されたため、高価なものは、シリンダーに一曲または数曲、丸ごと曲が入っている仕組みです。そのシリンダーを交換すれば、別の曲を再生でき、いろいろな曲を聴くことができる仕組みになっています。一般的なシリンダータイプのオルゴール 陶器の音の仕組みは、ピンのついたシリンダーを、手やバネまたは電気でゆっくり回転させます。そのとき、突起しているピンの先端で、金属の櫛歯を一本ずつ弾いて金属の美しい音色を出しています。そのため、15〜20cmほどの櫛歯を用いた小型のシリンダーに4曲収録するには、3000本近いピンの数が必要です。しかし、ピンの先端で、金属の櫛歯を弾いただけでは音は小さくしか鳴りません。それを美しい大きな音にして再生するには入れ物である箱に仕組みがあります。シリンダーのピンで弾かれた金属の櫛歯の音の振動が、それらをそっくり囲んでいる外箱に内部の振動として伝わり、箱が共振することで、深くて美しい大きな音色に変わります。そのため、箱の素材や材質によっても、オルゴールの音が変化します。

朝や帰りの通勤ラッシュ時には、道がとても混みますね。昼間に通る時とはかかる時間がだいぶ違ってきます。さらに、橋では、そこを通らなければ進めないので、とても混雑する時があります。うちの近くには橋がないので、行く場所によって北上するか、南下するかを決め、橋を渡って目的地まで行きます。最近、うちの近くに橋ができることになりました。川がそんなに小さくないので、長い間工事が必要となってくると思いますが、橋の近くに事務所が突然できていました。組み立て式のような事務所が建っていたのですが、ユニットハウスhttp://www.spacehouse.jp/というものらしく、短期で施工でき、増設や移設が簡単にできるそうです。地震に強く、建ててしまってからも増築ができるそうです。通常だと納品日にトラックで運び、設置は専門の人がその日のうちに設置完了するようです。そして、すぐ使えるそうです。事務所がすぐ完成すれば人が来ることができるので、橋に関する作業を進めることができると思います。橋を作るためにはいろいろな人が関わってくると思うのですが、事務所が快適であると仕事もやりやすいと思います。

Copyright (C) 2014 All Rights Reserved.